Copyrigjt © German Eco House All Rights Reserved.

4.台風・地震等の自然災害に耐える強さをもつこと

「耐震等級」という基準は既によく目にされているかと思います。

主に地震に対する建物の強さを表したもので、等級3が最高レベルとなります。

最近では「耐震等級3」を特徴とする住宅も多く見受けられますが、この等級の算定には2通りの方法があることをご存知でしょうか。

1つは【構造計算】による算定。

2つめは【構造計算が不要な2階以下の木造住宅に適用される基準】による算定です。

耐震等級1~3の基準には、等級1の性能を基本とすると

 

等級2=等級1の1.25倍

等級3=等級1の1.5倍

という基準があります。

この簡単な倍数の定義のみを取って、主には壁の量の倍数と同様に増やすことによって耐震等級3を謳うという手法ですが、全ての建物は当然ながら建つ場所も違えば、間取りやそこにかかる重量も異なります。

このように単純な計算で本当の強さが図れるかどうかはみなさんも想像するところではないでしょうか。

私たちはそのような曖昧な基準に頼った構造ではなく、1棟1棟確実に計算された強度をお客様に提示します。

また、建物の根幹となる基礎においても一般的な「地上梁ベタ基礎工法」ではなく、構造計算によって強度を確かめることができる「地中梁ベタ基礎工法」を採用し、木材の美しさやしなやかさを十分に活かしながら、地震に負けない強さや可変性を併せ持った構法で安心して集える居場所をつくります。

​地中梁ベタ基礎工法