【構造/基礎】

1棟1棟の構造計算によって裏付けられた強度をもつ「木構造計算構法(SE構法)」を採用。

柱と梁の接合部に特殊金物を使うことで、従来の木造の接合部に多くある断面欠損を大幅に抑え、強度を確保しています。

これにより木造における「ラーメン接合」を可能とし、地震に強く自由度の高い空間設計を実現できる構造となっています。

また、基礎に関しては現在多くの住宅に採用されている「地上梁ベタ基礎工法」ではなく、「地中梁ベタ基礎工法」を採用。

一般的な地上梁の場合、床下を点検することを前提として人が通るための穴が立ち上がり部に開けられます。

このことによって梁が切断されるため、構造計算が困難となり、重量鉄骨造やコンクリート造では許可されず木造住宅のみに

許可された基礎形状なのです。

​逆に「地中梁ベタ基礎工法」は梁を地中に埋めることにより、耐圧盤と梁が切断されることなく一体形成されるため、構造計算によって強度を確かめることが可能となります。

地上梁ベタ基礎工法
地中梁ベタ基礎工法

Copyrigjt © German Eco House All Rights Reserved.