image.jpg

About us

About“German Eco House”
ジャーマンエコハウスは、ドイツの技術を取り入れた家づくりを推進するハウスメーカーです。
モデルハウス内観

国民の平均寿命が90歳近くまで伸びている現代において、日本の住宅の平均築後年数は32年(H27年国交省調べ)であり、欧米各国のおよそ半分です。

仮に30歳で家を建てれば65歳前後で建替え、住替え、大規模な修繕等が必要となります。
35年のローンを組んでいれば、支払いが終わると同時にまた大きな金額が発生するのです。


「一生に一度の大きな買い物」と言われる家づくりが実はそうではない現状に私たちは疑問を抱きました。
本当の意味で『永く・心地よく・健やかに』暮らせる家はできないのか。長年家づくりに携わる中で常に考えてきたことです。

その課題を解決するために国内はもちろん、国外にも目を向け情報収集を行い専門家の意見を聞き、あらゆる住宅を体感しました。

その過程で出会ったのが非常に合理的な理論に基づいて快適な住まいを実現するドイツの家づくりでした。
ただし、その手法をそのまま日本にもってきても目的とする家はつくれません。
それは国や地域によって環境条件はもちろんのこと作り手や技術力の資材にかかるコストなど様々な違いがあるからです。

日本にはない専門学に基づいた合理的な理論と、それらを現実のものとする高い技術力を導入し日本において本当に価値のある住まいづくりを独自の手法で考えたものが私たち、German Eco Houseの家なのです。

German Eco House(ジャーマンエコハウス株式会社)は、ドイツをはじめとした国内外の高い技術力を取り入れ、日本における最適な家づくりを行う建築会社です。​
強さ・健康・環境配慮など現代の家づくりが抱える様々な問題に真剣に向き合い「100年後に住み継がれる家」を実現することが私たちの企業理念です。

 

 

なぜドイツなのか?よくある輸入住宅なのか?という疑問を抱かれる方も多いと思いますが、私たちは輸入住宅ではありません。